松戸で整体なら「オースマイル整骨院」

整体と整骨院の違いがわからない。こういう質問をよくされるのでお答えしていきます。

1:資格の有無

整骨院は柔道整復師(以下柔整師)という国家資格を持った人しか開業することができません。整体師は日本では無資格でも整体師と名乗ることができますが、大半の人が何かしらの民間のスクールで資格をとっている場合が多いです。

ただ、あくまで整骨院は柔整師という資格が必要ですが、柔整師が整体院を経営していることも最近は増えてきています。また、柔整師の他にも鍼灸師、理学療法士も整体院を開業していることもあります。

2:保険の有無

整骨院では健康保険や交通事故で使える自賠責保険を使って自己負担を少なく治療を受けることができます。ただし、整骨院で保険適応できるのは骨折、脱臼、打撲、捻挫、筋挫傷(肉離れなど)だけです。これ以外で保険診療を行なった場合、不正診療となり整骨院側はもちろん、患者側にも法的罰則がいく場合があるので、慢性痛(肩こり、腰痛)で保険で診療は受けないようにしましょう。

整体は保険適応外になるので全額自費負担となります。

3:大学・専門学校を卒業しているかいないか

柔整師になるには専門学校では3年間、大学では4年間かけて解剖学や生理学、病理学、リハビリ学など身体に関係する学問を医師や専門の先生からしっかり学びます。3〜4年間の学校を卒業したら資格がもらえるのではなく、卒業後の国家試験を合格することで柔整師の資格をもらうことができます。人によっては卒業はできたけど、国家試験で落ちてしまうということも珍しくありません。なので有資格者は国が定めた一定レベルまでの知識は全員が持っているということになります。

一方整体師の場合、身体のことを学ぶのは自分で学ぶか、民間のスクールなどで学ぶことが多いので、人によって知識にかなり偏りがあったり、基礎知識の差がありがちです。また柔整師に比べると法的縛りも緩く、その為なのか、過去には医学的根拠もないやり方で施術をし、事故が起きてニュースになったという例も多々あります。

整体と整骨院どっちに行くべきか

基本的に怪我は整骨院、リラクゼーションは整体院というカテゴリーになりますが、最近は整骨院が整体を行なっているということも珍しくありません。むしろどんどん増えていると思います。当院もそうです。

持論になりますが、怪我を処置するのは柔整の知識が必要です。怪我をする人はそもそも怪我を引き起こす身体になっています。それを正して予防するのは整体の知識が必要です。患者様の身体をきちんと見るには両方必要だと私は考えています。

だから当院では両方できるように柔整師ですが、整体もおこなっています。

 

松戸で整体なら「オースマイル整骨院」 PAGETOP